工事費が無料で通信速度の早いインターネットに変えた

インターネット回線をADSLから光に2年前に変えました。


その時に光に乗り換えたきっかけは、あるサイトから申し込めば、ポイントが付くからでした。


それに、光の工事費が無料で引く事ができると知ったのです。


工事も無料ですし、その回線を引いたら3万円のキャッシュバック等もあると知り、より早く契約したいと思いました。


キャッシュバックよりも、新品のノートパソコンが貰えるという事で、パソコンを選びました。


新品で、最新型でした。


買えば5万円ほどするものです。


かかった費用は0円で、本当にお得でした。


使ってみた感想は、本当に通信が早くて驚きました。


新品のパソコンだし、サクサクとネットができるので、ストレスがなくネットを楽しめるのです。


更に、その光に入ったら、プロバイダーの料金も無料になりました。


月に1000円もかかっていた料金が、その回線の料金に含まれているのです。


そこも、選んだ理由でした。


有名な携帯電話の会社で、更に1000円も安くできるプランがあると知りました。


乗り換えキャンペーンで工事費が無料ですし、今のプロバイダーや回線を引いている会社を辞める時にかかる違約金というものを、3万円まで負担してくれると言います。


プロバイダー料金も含まれていますし、ただルーターを変えるだけで、電話番号もそのまま使う事ができるそうです。


より通信速度も早くなり、ネットを快適にできるのも魅力的です。


電話1本で変更する事が可能という事で、変えようかと思っています。


今使っているネットの料金が結構バカにならないということはありませんか。


近頃のインターネット回線を支えている会社などはこうした人たちの声に合わせて、乗り換えキャンペーンといったものをしていることがあります。


乗り換えというのは言葉のままで、今契約している回線の業者から、全く別の回線へと変更することを言います。


このインターネット回線の乗り換えがよくわからないという場合はネットの契約をした際に最初に行った工事を思い出すとよいかもしれません。


あの工事は、簡単にいえば、その会社と契約したことによって繋がる回線を家に通したことを意味するからです。


これがなければ、もともと家でパソコンを通してネットにつなぐことはできませんし、最初に公示することでネットと胃ものを導入する契機ともなるわけです。


ここから逆に考えて、その会社では今の回線でネットにつないでいるけど、この会社を乗り返ることでその回線を放棄し別の会社のラインを入れることが必要になるというわけです。


インターネット回線


NTTからコミュファへといったのが代表となる例の一つでその反対もありますし、全く違う会社へ帰るということもあるかもしれません。